仮想通貨取引におすすめのビットコイン仮想通貨を取引するにあたり、ビットコインという名を聞かずに運用を始めるということはありえません。なぜならぎっとコインが仮想通貨という概念を社会一般に植え付ける引き金となってきたからです。

そのため、ビットコインとは何かを理解することは仮想通貨の世界を理解することに繋がりますので、しっかり理解を深めておきたいところです。

そもそも仮想通貨とは

そもそも仮想通貨とは実質的な形のない通貨のことで、インターネットの世界に存在しているお金のことです。国ごとに発行される国が指定したコインや紙幣ではないため、仮想通貨を利用している人は、世界のどこに住んでいても互いに取引するときや投資にも使えるお金ということになります。

そのため、価格変動は国のインフラや政治的な動乱に影響されることはありません。その代り取引のやり取りのために価格が変わることがありそれを利用して利益を出すことが可能になっています。

仮想通貨におけるビットコインとは

仮想の通貨の代表格であり、この世界を切り開いたコインとなったのがビットコインです。そのためビットコインの価値は、アルトコインと呼ばれる他の仮想通貨の追随を許していません

圧倒的な価格の差が生じており、1ビットコインあたりの価値は2015年の米ドルとの交換レートが300ドルでしたが、2017年9月には3000ドルを超える価値が付いています。他のアルトコインはその足元にも及びません

またビットコインがこれほど飛躍的に脚光を浴びるようになった背景には、ブロックチェーンという管理方法によって安全性が確立されているからでもあります。こうした理由から、仮想通貨取引をするときにはビットコインから始めることが薦められるのです。

ビットコインの仕組み

ビットコインは仮想通貨であるとはいえ、普通に通貨としての価値があります。この点は電子マネーとは違います。通貨を用いたモノやサービスの対価を支払うやり方が可能で他のドルや円、ユーロに交換することもできます。

またビットコインは電子決済のため、インターネットでの送金が簡単に行えます。これは国を超えた送金が可能でインターネットで繋がっている人ならだれでもビットコインを受け取ったり送ったりできるのです。

そしてビットコインの仕組みとして特徴的なのは、特定の場所での管理がなされていないという点です。国の通貨は国が管理しますが、ビットコインはコンピューターのネットワークを駆使して一般の人々の手によって管理されるシステムになっているのです。

まとめ

インターネット上の通貨に不安を感じる人もいます。セキュリティの面で本当に安全なのだろうかと考えます。しかしビットコインはこの面を完璧にクリアしたために信頼性があり、それゆえに価値がわずか2年ほどの間に何百倍にも膨れ上がったといえます。

それで仮想通貨取引を始める方にはビットコインをとくにおススメしたいと思います。