ビットコインとアルトコインの違いとはビットコインという名前を聞いたことがある方はアルトコインも同時に耳したことがあると思います。

しかしこのふたつはどこがどう違うのか知っておくのは大切です。

なぜなら取引するに当たってこの二種類の仮想通貨をどう取引に活用するのかによって投資の利益に影響を与えるからです。基本的なことを抑えておく必要があります。

知名度の違い

そもそもビットコインは世界初の仮想通貨であるため世間での知名度がアルトコインとはまったく違うといって良いでしょう。じっさいこの世界を知らない人にとってアルトコインと聞くと、アルトコインという仮想通貨があるのかと勘違いしてしまう人もいます。

それほどビットコインの認知度は高いのです。そのため仮想通貨取引においてもビットコインの方が沢山の方に取引で活用されています。そして沢山ある取引所でもビットコインは大低取り扱われており、購入したり売りに出したりすることができます。

アルトコインには仮想通貨が沢山ある

ビットコインは仮想通貨として用いられている通貨ですが、アルトコインは様々な種類の仮想通貨の総称です。そのためアルトコインは今も増え続けています。その数は1000種類ともいわれています。

しかしビットコイン同様アルトコインの中にも広く一般に知られてきている仮想通貨があり、その価値も上がってきています。

例えばよく知られているアルトコインには、イーサリアム、リップル、ダッシュ、ライトコイン、モネロ、ネム、オーガー、ピーアイブイエックス、日本発祥のモナコインなどがあります。

時価総額の大きな違い

ビットコインは世界初の仮想通貨であることと利用者が多いこと、また信頼度の高さのため取引の対象として人気があります。そのため価値も上がり続けていて他の仮想通貨は足元にも及びません。実際アルトコインとビットコインの時価総額の差は桁が一つ違います

アルトコインの中でも知名度も人気もあるイーサリアムでさえ価値はぐっと下がってしまいます。しかし現時点ではそうであっても仮想通貨取引はここ数年で価格が上がり続けているため、今後どのように変化していくかは完全には読めません

ですから数年後にはアルトコインがビットコインよりも価値が上がることがあるかもしれません。もちろんそうはならないかもしれません。

まとめ

ビットコインとは世界初の仮想通貨であり今もっとも取引されている通貨です。アルトコインとはビットコイン以外のすべての仮想通貨の総称です。

それだけビットコインは仮想通貨の世界にあって別格の扱いになります。初心者が始めに購入することを勧められるのもうなずけます。