ビットコインのメリットとデメリットビットコインはその価値が認められており、政府も法律施行に乗り出した経緯があります。

それだけ価値のあるビットコインですから、当然メリットがあります

それはデメリットよりも大きいといえますので、知っておくならビットコインを活用したいと思うに違いありません。

もちろんデメリットもありますので、認識が必要です。

手数料が安い

通常銀行間の送金には手数料がかかり、数百円とられることがあります。また海外に送金しようと思うなら、もっとかかることになります。大抵は数千円になります。これは大きな損になりますので、できれば手数料は少なくしたいものです。

この点、ビットコインは送金手数料がほとんどかからず、場合によっては無料です。

これは国などの機関が運営している通貨ではないため、可能になったシステムです。とくに手数料で困っている方にはビットコインを活用した送金がお勧めです。

資産運用で増やすことができる

ビットコインは相場の価格変動が激しいため短期間での売買には不向きです。一日ごとに相場の上げ下げが大きく動くからです。しかし長期的に見るとビットコインの価値は上がるだろうというのが専門家の見方です。

それで毎日チャートを見ながら一喜一憂するよりも、積立投資によってしばらく様子を見るほうが、資産を増やす方法として確実性が高いといえます。出来れば可能な限り大きい金額を投資したほうが収入を増やせます。これからのビットコイン価格の上がりを予測すると投資する価値はありそうです。

ビットコインの発行枚数が定められている

ビットコインはインフレにならないよう初めから通貨の発行枚数が決められています。それは2100万枚ですがこれ以上ビットコインが増えることはありません。そのためインフレにならず価値が下がることはないという仕組みが成立します。

しかしこれには落とし穴があります。ビットコインはマインニングによって発掘が続けられていますが、理論上いずれは発掘が完了することになります。そうすれば、すべての人にビットコインが出回ってしまい、新たに手に入れることが難しくなってしまいます。

それで投資家にとってその価値を自分のもとにとどまらせる良い方法を手元から手離さないことです。そうするとビットコインは市場でまったく動かなくなりその価値を失うことになります。

まとめ

現段階において資産を増やす点でビットコインは注目も的になっています。それは価値がどんどん上昇し続けているからですが、この通貨自体がまだ新しいため長期的な目線で投資していくことが大切になります。とはいえメリットは大きいといえます。