ビットコインは現金に交換できる?ビットコインの魅力のひとつは現金化できるということです。これは他の電子システム決済方法にはないメリットといえます。

しかも現金化する方法はいくつかありますので、自分に合った方法でやってみることができますし、状況に合わせて日本円に戻すこともできます。

ビットコインはあらゆる可能性が広がります。

取引所で現金に交換する

ビットコイン取引を行っている方のほとんどは、どこかの取引所を介しておられることと思います。それで取引所の中で現金に変換するのがわかりやすい方法になります。

取引所の中にあるウォレットにビットコインを保管していると思いますので、そこから取引所に自分のビットコインを送付し、日本円に換金することによって手元に現金化することができます。

とりわけ、ビットコインは価格の変動が激しいですから、価格暴落でもしようものなら急いで現金化したいと考えるのが普通です。簡単に現金化できる取引所もありますのでこの方法が一番てっとり早いといえます。

ビットコインATMを活用する

一部のATMではビットコインも扱っています。といってもまだまだ普及率は低いため、見たことがある方は少ないと思います。これから普及していけば日本円をコンビニで引き落とすのと同じくらいの気軽さでビットコインを現金化できる時代が来るかもしれません。

しかし現時点ではビットコインATMは少し面倒です。本人確認のために10分ほどかかるとのことなので、利便性も考えるとこの現金化の方法は改善の余地がありそうです。

しかしビットコインの普及が進むにつれ、こういったシステムも手軽なものに変わっていくことが考えられます。これからに期待です。

個人間で取引する

もちろん個人間のやり取りでビットコインを売り買いすることで、現金を手にすることもできます。ビットコインを欲しいという人に直接売買するこの方法は取引所の中で行うことができます。

取引所ではビットコインいくらで買いたいという情報が入りますので、その金額でよければその個人にビットコインを売ることができます。もちろん個人は匿名ですのでお互いのプライバシーは保たれます

しかしこの方法ですと双方の合意が必要ですので、取引が成立しないと現金化できないということになります。それで即座に現金化できないデメリットが発生してしまいます。

まとめ

取引所に登録してビットコインを運用している人がほとんどでしょうから、取引所で日本円などの現金に換金する方法が一番やりやすい方法になります。

他の方法ももちろんありますがデメリットもありますので十分考慮したうえで現金化を進めていくことができます。