詐欺や代理取引などの詐欺に要注意仮想通貨に関わる人が増えてきていますので、それに便乗して人を騙そうとして企む人たちも増えてきています。

仮想通貨自体が自己責任で取引するのと同じように、詐欺行為にも自己防衛していかなければならないでしょう。せっかくの資産運用で増やせるチャンスですので、賢く取引していきたいものです。

新しい仮想通貨発行詐欺

「新しく仮想通貨を発行することになりました。あなた様に優先購入できるチャンスがあります。」といった方法で、あまりよく知られていない仮想通貨を買わせようとしてきたり、セミナーを開いて「一年後には確実に価値が倍になります!」などといった文言を言ってだまそうとする詐欺が発生しているようです。

確かに仮想通貨の世界は価値が上昇傾向にあるため、本当のように聞こえる人もいるかも知れません。しかし価格変動が激しく上がり下がりが毎日のように生じている世界にあって、新しくできた仮想通貨も絶対に価値が上がるなどという保証は誰にもできないのです。

価値がまったく上がらず消えてしまった仮想通貨も存在しています。ですから、こういった手法は不確かなものと見て、簡単に信じてしまわないようにしたいものです。

代理取引詐欺に要注意

仮想通貨は個人で行うことができるものであり、取引所を通じて自分で利益を上げる努力を行うものです。しかしそれを「代理で仮想通貨の売買やります。必ず儲けてみせます。」などという人や団体があるとしたなら、それは大変怪しいみてよいでしょう。

といっても海外の仮想通貨や新しく作られた仮想通貨のプレセールなど、個人で購入するには少し難しい仮想通貨に関しては、代理の話が来ると信じてしまう危険があります。

しかし代理詐欺は、利用者からお金を巻き上げるだけ巻き上げて存在を消してしまいますから、気づいたときには取り返しのつかないことになっている場合が少なくありません。自分の長けにあった取引をすべきだといえます。

友人からの誘いにも要注意

友人からの誘いだと信じてしまうかもしれません。友人も悪気はないのかもしれませんが、仮想通貨自体価格の保証がついているわけではないことを理解すべきです。儲け話に絶対はないため、良く調べもせず友達の話に乗ってしまうなら、失敗することになりかねません。

友人との関係も悪いものになってしまうでしょう。こういったケースを詐欺といって良いかどうか意見のわかれるところですが、結果的には詐欺行為とみなされても仕方がないでしょう。

もちろん法廷にもっていっても勝てるかどうかはわかりませんが、面倒なことにならないよう、仮想通貨の実態についてよく知っておくべきでしょう

まとめ

詐欺には幾つかあるようですが、新しい仮想通貨を買わせようとする詐欺や代理取引詐欺が横行しているようですので、十分に注意しながら仮想通貨取引で資産を増やす夢を追いたいものです。