仮想通貨取引所は掛け持ちしてもいいの?日本だけでも仮想通貨取引所はいくつもあり、それぞれに特徴がみられます。どの取引所もメリットがあるようにみえるため、いくつかの取引所で取引をしたいと考える方もいます。

実際取引所をいくつか登録して掛け持ち運用はできるのかどうか、できるならどの運用の仕方が良いのか検討します。

取引所は掛け持ちできます

単刀直入に申し上げて、仮想通貨取引所の複数登録での掛け持ち運用はしても良いことになります。なぜならそうしてはならないという法整備はありませんし、モラルに照らし合わせても問題ありません。

さらに取引の幅を広げていくことを考えてみても、取引所を複数登録しておいて資産を運用していったほうがメリットが大きいといえます。実際仮想取引をしている方たちの多くはいくつかの取引所を活用しておられます。そしてそうすることを薦めている専門家は多くいます。

一つの取引所のみでの取引はリスクが高い

一つだけの取引所に自分の資産を集中させることは、利益を大きくさせるメリットがある一方でリスクが伴います。例えば取引所のサーバーがパンクした場合取引を行うことができなくなり、大損してしまうということはありえます。

実際に様々な情報が行きかう中で、ある仮想通貨が値下げを始め売りが先行し始めたときに、サーバーが限界を超えてパンクしてしまうということが考えられます。

もしそんなことになれば自分の資産を守ることができなくなり、価値が下がっているのに仮想通貨を保有したまま損を重ねていくという現象の渦中に入ってしまいます。

また仮にGOX事件のようなことが起きれば、仮想通貨は横取りされ、自分の資産を失うことになりかねません。ですから一点集中型の資産運用ではなく、分散型で資産を活用していったほうが良いといえます。

取引所によって仮想通貨の取り扱いは変わる

すべての取引をビットコインで行うこともできますが、ひとつの仮想通貨だけでは稼ぎを大きくすることが難しく、ビットコインが伸び悩んだ時に自分も伸び悩むことになります。

それで、いくつかの仮想通貨を購入して取引しながら利益を出す方法をとっている方は少なくありません。しかし取引所によって扱う通貨が変わってくるため、価値が上がっている仮想通貨があっても自分の登録している取引所では購入できないなどということが生じたります。

それで、最初からいくつかの取引所を登録しておいて、手を出せる通貨の幅を広げておくのは良い方法です。

まとめ

結論から言って仮想通貨取引所は掛け持ちできます。さらに言えば、掛け持ちしたほうが良いでしょう。資産を失うリスクを最小限度にとどめることができるからです。

また利益を上げていくために複数の通貨を保有しておいたほうが取引に便利なので、登録先の取引所をいくつか持っておいたほうが良いです。