仮想通貨交換業者府令に基づく説明書面をチェックしよう私たちは仮想通貨を購入する際、仮想通貨交換業者を介して手に入れることが一般的になっています。いわば仮想通貨の入り口だったわけですが、この取引所について国による法律が施行されることになりました

その府令とはどのようなものなのか、実際取引に携わっている者にとって関心があるところかと思います。

金融庁登録の仮想通貨交換業者とは

金融庁は利用者保護を目的として、仮想通貨取引業務を行う会社の内部管理業務などを厳しくチェックすることになりました。これは2017年4月に施行された法律によるものです。

この審査によって、取り扱われる仮想通貨詐欺などを未然に防ぐことになり安全性は高まると予測されます。そのため利用者サイドからすれば、金融庁から登録された仮想通貨交換業者を介しての仮想通貨取引において、より信頼を抱きつつ売買することが可能になったといえます。

これまでは取引所について、法的な面で泣き寝入りせざるを得なかった側面もあったかもしれませんが、国が介入する形でより信頼度の高い取引所になることを期待できます。

交換業者のサイトで説明書面をチェック

金融庁によって仮想通貨交換業者と認定された取引所のサイトを確認すると、「仮想通貨交換業者府令に基づく説明書面」というものを見つけることができます。

そこには取引内容や取り扱う仮想通貨の概要、分別管理方法、手数料について、また価格変動のリスクや営業時間のリスク、破たんするリスクが詳細に取り上げられています。

また紛争解決機関の窓口も記載されており、利用者の立場に立った情報がしっかり載せられています。これらをきちんとチェックしておくことをお勧めします。

安全に取引できることを確かめよう

仮想通貨は価格変動が激しい時期にありますし、業者の運営に関してもまだ透明期です。ですから、この一年弱の間に生じた法的な動きをしっかり理解する必要があります。とくに利用者に少なからず影響を与えるであろう金融庁による業者登録、また府令の中身を読んでおくことを推奨します。

さらに登録業者サイトに掲げられている「仮想通貨交換業者府令に基づく説明書面」をよく読み安全に取引できる業者になっているかどうかを見定めましょう。

まとめ

府令に基づいて登録業者は説明書をサイトに記載しています。すでに仮想通貨取引を行っていて自分の取引所となっているところが登録を受けているなら、ぜひサイトから確認してみることをお勧めします。仮想通貨がリスクの高い通貨であることを認識しつつ取引を行って行きたいと思います。