詐欺業者やみなし業者には気をつけよう世の中の出来事を見ると、常に詐欺行為は生じています。これは仮想通貨の世界でも同様で、少なからず幾つかの方法で起きています。

仮想通貨の価格変動ににらみを利かせるのと共に、そうした詐欺行為にも注意を向けなければならないといえます。とりわけ法整備はこれからという時期ですから、なおさらです。

仮想通貨の詐欺が横行している

仮想通貨という新たな利益を生み出す仕組みに乗じて、悪だくみを抱く人たちもこの世界に踏み込み始めているようです。実際に悪質な詐欺が生じているケースが見られるため、注意が必要です。

例えば本来なら1000円ほどの最小金額で購入できるはずの仮想通貨が、1万円からでないと購入できなかったり、仮想通貨の価値は日々変動するのにもかかわらず、一定額以下にはならないなどとうたっていたり、世の中に知られていないこれから出回る予定の仮想通貨であるとの情報、などです。

こういった業者を介した購入によって、お金が奪われてしまったり、仮想通貨が届かないといったケースが生じているようです。詐欺が横行している事実を認識する必要があるでしょう。

仮想通貨交換業者に登録されている業者なら安心

2017年12月現在でいくつかの取引所は、金融庁からのお墨付きをもらっています。つまり、利用者が安心して利用できる取引所であることが国によって認められたということです。

自分の利用している取引所が金融庁の登録を受けているかどうか知らないようであれば、すぐに確認してみることをお勧めします。

現在登録されていなくても詐欺業者となるわけではないかもしれませんが、リスクと常に向き合っている世界だからこそ、安心と信頼を得られる登録業者に自分の資産を預ける方が安全といえます。

交換業者に登録されていないのはみなし業者

2017年12月時点で、日本の仮想通貨交換業者に登録されていない取引所は十数か所あります。ですが、それらのほとんどは審査の段階にあるようですので、まだ認定を受けていないとはいえ現段階では運営を許されている状況です。

それらはみなし業者といえますが、詐欺業者と決めつける必要はありません。それらのいくつかは、今後金融庁の登録を受けられるものと思われます。

まとめ

詐欺業者のみならず、今の時点では営業を許されているみなし業者も含めて、自分が投資するときには騙されないよう用心が必要です。

現在は仮想通貨交換業者に登録されている業者がいくつもありますので、そちらでの取引を新たに始めることを考慮するのもよい時期かもしれません。