安定したサービスが魅力的

ビットバンクは安定したサービスを展開していく上で欠かせない資金調達に成功しています。東証一部上場企業であるセレスとの業務提携が実現したのです。セレスはスマートフォン向けの事業を運営している会社です。

この提携によりビットバンクは8.5億円の資金が運用可能になりました。このため会社が破綻してしまうという危険を回避することができ、より安定したサービスができるようになったのです。

こうした安定はビットバンクを利用して仮想通過取引を行っている顧客の満足度にも繋がり、ビットバンクの会社としての成長にも大きな影響を与えるでしょう。また仮想通貨取引所の中でも大きな資本金をもつ企業としてこれから躍進していく可能性を持つことになったのです。

仮想通貨の種類と扱い

ビットバンクで取引ができる仮想通貨は5種類です。ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュです。コインチェックの方が取り扱い仮想通貨は多いのですがそれについで二番目に多い取引通貨となります。

しかしビットバンクでは手数料がかからないという最大のメリットがあります。それでこれらの値段の高い有名な通貨を取引として活用したいと考えている方は、ビットバンクを利用するのが得策といえます。

仮想通貨の使いみちは?

ビットバンクには「ビットバンクウォレット」がありPCとスマートフォンから使うことができます。ビットコインの残高や履歴、送金や受け取り、購入ができますので使いやすいといえます。とはいえ投資目的でビットコインを保有している人も多くいます。

1ビットを日本円に換算すると一年間で6~7倍に跳ね上がっていますので、保有者にとって利益が非常に多く出ていることになります。しかし最近は日本国内でも実店舗にてビットコインでの決済が可能なお店も出てきているようです。

ビットコインはwebでのサービスのお支払いにも活用されつつありますので、これからのお支払い方法は幾多にも及んでいくと推測できます。

まとめ

ビットバンクはビットコイン以外のアルトコインも種類が豊富で、有名どころを扱っていて取引しやすい会社です。しかも手数料無料になっていますので活用するなら今といえます。

公式サイトをチェック